本文へ移動
家族のようにあたたかい
ASOVO(アソボ)が始まるよ
2021-12-01
地域の患者様にもっと気軽に外出の機会を
11月より埼玉医大×入間市×アイシン×小林病院×他がコラボしてASOVO(生活の中でのリハビリテーションと社会参加)という取組みをスタートさせました。
ASOVOは既に他県でスタートしているチョイソコ(チョイとソコまで、ごいっしょに)というバスの予約システムを活用して交通手段がなくて外出しにくいという方に、乗り降りしやすいよう多くの停留所を設置。バスを利用する際、電話で乗りたい停留所から降りたい停留所を予約し、気軽に買い物や通院、散歩などに出かけてもらおうという取組みです。まずは、参加者の皆様の現在の健康状態をチェックさせて頂き、いよいよ
12月15日からチョイソコバスの利用がスタートしました。
今回は宮寺・二本木地区で試験的に運用を行いますが、ASOVOの有効性が実証できれば、本格的に運用がスタートします。
気軽にもっと自由に外出ができるようになって、
地域の皆様の元気で明るい笑顔があふれる未来を目指します。
詳細は以下、twitterと動画をご覧ください。




チョイソコ公式プロモーションビデオ
 
チョイソコ紹介動画(愛知県豊明市の事例)
 

TOPへ戻る