本文へ移動
家族のようにあたたかい
手乗りツバメ 
2020-08-03
ツバ子
毎年、当院の職員玄関前には、例年この季節になるとツバメが巣を作りにきます。職員は温かい目で小さな雛がこの場所で育ち大きくて広い世界で羽ばたくまでの短い期間、毎朝心のどこかで「頑張れ」と応援しています。併設する保育園のこどもたちも楽しみに見に来たりしています。ツバメの親は子供を育てる為に餌となる虫や葉などを何処からともなく運んできます。人間の親と子の様でどこか自身と重なり、毎朝気にかけてみたり写真を撮ったりしています。
TOPへ戻る