top

病院広報「青い鳥」

青い鳥

>> 一覧ページはこちら

平成29年02月01日 発行 病院広報 第94号

療養病棟からのお知らせ

こんにちは。10月から医療相談室と病棟で勤務をしています。

さて、4月からお身体の疾患を伴う認知機能の低下がある患者様に対して、安心して治療を受けていただくために診療報酬の改訂がありました。

当院では、9月から認知症加算2を取得し、対象者へ看護の取り組みを始めています。 (なるべく)その人に合わせたケアが受けられるように援助しています。

また療養病棟では、毎週木曜日にお茶会を継続し、夏には炭酸ジュースの提供をしてみました。とろみをつけても炭酸は残るようでした。大好評とまではいかず、飲める方は少数いらっしゃいました。

いきいき体操や病室で馴染みの曲を聞いていただいたりと、試行錯誤中です。


<おしらせ>

11月から認知症相談を行っています。
認知症看護認定看護師 宮岡知子

 介護でお困りの方・こんな時どうしたら良いの?と悩んでいらっしゃる方、物忘れが増えてきて心配なんだけどどうしたら良いの? 話を聞いて欲しいなどの相談を受けていく予定です。予約制ではありますが、『認知症相談の宮岡』とお気軽にご連絡いただきたいと考えています。


3階病棟にアロマセラピーを導入し3年目に入りました。
臨床アロマセラピスト 中里明美

3階病棟で行うアロマセラピーは手浴・足浴に香りを使用し、楽しみながら清潔ケアを行います。その後、香りのオイルで手・足・背中など患者様の希望される部位をゆっくりとトリートメントしていきます。ゆったりとした時間の中で患者様との会話を大切にし、入院中の生活が少しでも明るく、穏やかに過ごせる様に、小さな悩みや要望を話せる雰囲気作りを大切にしていきます。寄り添うことで薬や治療では取り切れない痛みや不安を軽減できるようにと心掛けています。

 また、精油の抗菌・抗ウイルス作用を活用し風邪やインフルエンザの流行する季節には病棟で精油を用いた芳香浴を行ないました。

 アロマセラピーは、昨今医学的にも研究が進められ多種多様な場面で活用されています。3階病棟で行うアロマセラピーは安全と癒しに重点を置き患者様の心身のケアに役立てていきたいと思います。

※個別アロマセラピーの実施には患者様又はご家族様から同意書を得て実施しています。希望される方は3階 看護師までお問い合わせ下さい。アロマセラピーに関する費用は一切かかりません。


学習療法に3年間関わってみて、学習療法士1級資格を取らせてもらい、認定看護師と共に患者様に対し3年間関わってきました。
学習療法士 出口・石郷岡

最初は患者様対職員との会話が主だったのが、やっていくうちに患者様同士の会話が増えたり、褒め合う姿を見る事ができるようになりました。ある人は日時を書く事ができない(書く事に対し戸惑っていた)人も週3回やっていくうちに書けるようになり、数字盤も10までしか出来なかった人が30まで出来るようになりました。

 じっくり患者様と向き合う事で色々な事を教えてくれたり、いつもと違う笑顔が見られてとても良い経験が出来てうれしいです。


4月の診療報酬改定に伴い、療養型病棟に入院する患者様も随分様変わりしました。点滴治療や酸素療法を行う患者様も20名以上となり、寝たきりの患者様も増えてきました。

3階病棟看護師長 武熊美子

 医療の必要性の低い患者様は入院できず、重症患者様が入院できるという国の方針に、当院だけでなくどの病院も対応に困っていることではないでしょうか。

 療養病棟では認定看護師・アロマセラピスト・学習療法士以外のスタッフも、入院患者様・ご家族様の気持ちに寄り添う看護・介護が出来るよう取り組んでいます。

不安・希望・困っている事などあれば、何時でも病棟スタッフに声をお声いただければと思います。


腰痛借金

●腰痛借金

 日本で腰痛持ちの人はどれくらいいるの? 現在日本の腰痛持ちの方の総数(40歳以上)は、推計で2800万人とも言われています。平成25年度国民生活基盤調査によると、病気やケガなどで自覚症状のある方のうち、腰痛を訴えている方の数は、女性では2番目、男性ではもっとも多く、国民病であると言っても過言ではないほど、多くの日本人が「腰痛持ち」と言えます。そして、腰痛持ちの方の人口は、年を取るにしたがい徐々に多くなっていきます。

 ここで最近出た本から「腰痛借金」について説明します。

 「腰痛借金」とは何でしょうか?腰痛借金とは東京大学医学部付属病院22世紀医療センター特任教授の松平浩先生と特任研究員の勝平純司先生が提唱されている「腰痛を発生させる蓄積された負担」のことになります。人は生活するうえで自分の体重を支えていますが、この体重を支えているのは骨・関節や筋肉になります。関節や筋肉は使い続けることで徐々に消耗していきます。そして、様々なきっかけによって痛みが発生し、腰に発生した痛みが腰痛です。腰の周囲にある背骨や筋肉に負担が蓄積されることを腰痛借金と言い、借金がたまって破産することになぞらえてつけられたネーミングとなります。腰痛借金がたまることで腰痛が発生しますが、逆に言えば普段から腰痛借金をためないように気をつけることで腰痛の発生を防ぐことができます。

●腰痛借金の種類

 腰痛借金は3つのタイプに分けられます。上半身を支える柱ともいえる「背骨」、背筋や腹筋などの「筋」、精神的なストレスといった「心」にたまるもの、の3つです。

今回は「背骨」の負担についてと、普段から簡単にできる体操「これだけ体操」を紹介します。

●背骨の事故「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」

 背骨は「椎骨」と呼ばれる小さな骨と、クッションの役割を持つ「椎間板」、そしてその周囲にある「靭帯」でできています。この中で「椎間板」は「髄核」というゼリー状の物体とその周囲の「繊維輪」という硬い物体でできています。

 髄核がズレて繊維輪を傷つけた状態が「ぎっくり腰」、髄核がズレた状態が続いて髄核が飛び出すことで「椎間板ヘルニア」となります。

●これだけ体操

花粉シーズン前からできるスギ花粉症対策

  • 食生活による対策
    花粉症への効果が示されている食品もあり、『ポリフェノール』もその一つです。ポリフェノールは、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンの生成を抑える効果もあります。他に、玉ねぎの皮に含まれる『ケルセチン』もポリフェノールの一種で、アレルギー体質の改善に効果があるとされています。

    アレルギーの改善につながるものとして、ヨーグルトなどに含まれる『乳酸菌』があります。『乳酸菌』は体内の免疫バランスを整えてくれる作用があると言われています。
  •  
  • 生活習慣による対策
    食生活だけでなく、適度な運動をして汗をかくなど、毎日の生活習慣を整えることによっても、花粉症の症状の緩和につながることがあります。
ページのトップへ
Menu
  • トップページ
  • 病院紹介
  • 病院からのお知らせ
  • 看護部ご案内
  • 診療部ご案内
  • 健診のご案内
  • アクセス
  • 求人情報
  • お問い合せ
  • サイトマップ
関連施設
青い鳥 訪問看護ステーション
青い鳥 居宅介護支援事業所
ホスピタリティハウス 青い鳥 看護小規模多機能型居宅介護事業所
社会福祉法人 晃樹会 らんざん苑
  • 学校法人 入間平成学園 入間看護専門学校
  • 社団法人 入間地区医師会立 入間准看護専門学校