top

看護部ご案内

ようこそ、看護部ホームページへ

看護部理念

「人と人」との関係を大切にし、「あなたに会えてよかった」と思われるような看護職員を目指します

基本方針

  • 感性・想像力を育て、鍛え、人間性を理解するように努めます
  • 患者さま・ご家族の気持ちを理解する為に、同じ目線で会話します
  • 自分たちが行っている看護や体験を伝え合い、お互いの進歩を図ります

看護部の概況と活動

1. 看護単位
  • 3看護単位(外来・中央材料室、2階病棟、3階病棟)
  • 2階病棟、10:1の看護基準
  • 3階病棟 療養病棟 Ⅰの看護基準
2. 看護提供方式

固定チームナーシング継続受け持ち方式

3. 勤務体制

2交替制

4. 組織概略
5. 看護部会議・委員会組織
6. 実習生受け入れ
  • 入間准看護学校:基礎・各論実習
  • 埼玉医科大学 保健医療学部看護学科4年生:応用(管理)実習
7. 教育

1. 継続教育

● 教育理念

 小林病院・看護部の理念に基づき、さらに、病院の基本方針の一つ「親切で心のこもった 最善の看護をします」とあるように、患者さま・その家族を取り巻く集団の「生活の(QOL)」の向上を目指した質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成します。
そのためには、個々の学習のニーズと目標を尊重し、専門職業人として、成長発達を支援するための教育的臨床環境をつくりだすことを目指します。

● 教育目的

 専門職業人として科学的、創造的、かつ主体的に質の高い看護が実践できるよう、成長段階に応じた教育的支援をします。

● 教育目標

 患者さまの受け持ち看護師として自立し、より専門的な看護領域を深めるために必要な臨床看護実践能力を育成します。

  • 1. 看護過程に沿って看護を実践できる能力を育成します。
  • 2. リーダーシップ能力を育成します(管理能力、問題解決能力、人間関係調整能力)。
  • 3. 教育、研究能力を育成します。
  • 4. 小林病院の職員として誇りと品性を持ち、責任ある行動が取れるように育成・支援します。






  • 病院主催による研修
  • 看護部教育委員会
    教育計画研修
  • 現場内研修
  • 看護協会教育研修参加計画
  • その他
  • 1. 医療制度の概要及び病院の機能と組織の理解
  • 2. 医療チーム及び看護チームの一員としての看護補助業務の理解
  • 3. 看護補助業務を遂行するための基礎的な知識・技術
  • 4. 日常生活の介助
  • 5. 生活環境の整理整頓
  • 6. リネン類の管理
  • 7. 患者の日常生活に使用する物品(消耗品)の管理
  • 8. 医療器具の洗浄と消毒
  • 9. 感染症について知識と注意事項
  • 10. 接遇
  • 11. 守秘義務、個人情報の保護
  • 12. 看護補助業務における医療安全と感染防止 等
看護部教育実績
項目  
1. 新採用者研修
  • 病院・看護部による研修 4月1日~7日 3.5日間
  • 配属先による研修 4月5日~
2. 現任者教育
(伝達講習を含む)
  • 新採用者
  • 共通研修(7回)
  • 看護補助者(2回)
  • 現場内教育(14回)
3. 院外研修会
  • 新人看護職研修7人(各7回)
  • 看護師・准看護師 35コースに延べ参加人数60人
  • 看護補助者 8コースに延べ参加人数11人
4. 看護部内看護研究
  • 各部署が取り組み3月中旬に発表
5. 講師担当
  • 院内:5人
  • 院外:1人

2. キャリア開発

(1)認定看護師
  • 認知症認定看護師1名  平成24年8月資格取得
    病棟所属とし日々の業務を行い、一週間に1日認知症認定看護師として看護部・病院内を横断的に活動を行っています。
  • 平成28年9月 看護部所属 医療相談室に勤務し、横断的に活動を行っている。
(2)認定看護管理者(看護協会、看護大学において研修)平成24年11月現在
  • ファーストレベル修了者 3名
  • セカンドレベル修了者 2名
8. 専門職連携推進会議への参加

 埼玉県立大学は、大学が目指す「連携と統合」の教育理念に従って、地域のあらゆる保健医療福祉施設とともに専門職連携教育(IPE:Interprofessional Education)を実施、発展させる活動を行っていくための会議を立ち上げています。大学の様々な資源を生かして地域の保健医療福祉サービスの質向上のため研究・研修事業を実施し、学生教育・研究活動・地域貢献活動という3つを密接に関連させながら相互に作用させることで、地域社会において効果的に連携の実施が行われることを目指しています。

 平成20年度から、小林病院の職員として看護部から参加しています。平成24年度からは医療相談室長と共に参加し、近隣の福祉施設がIP(Interprofessional)演習を受けていますので必要時、協力して支援しています。

9. 地域行事への看護師派遣

地域に根ざした医療を目指す」小林病院として、地域の行事に看護師として参加しています。

1. 宮寺地区体育祭(看護師2人)

  • 毎年10月の上旬の日曜日に開催されます。
  • 競技の開始から終了まで救護係を担当しています。

2. 宮寺・二本木地区子どもまつり(看護師2人)

  • 毎年9月~10月の土曜日に開催されます。
  • 宮寺小学校・狭山小学校の児童併せて約600人参加。
  • 開始から終了まで救護係を担当します。

3. いってんべー宮寺・二本木八景ウォーキング大会(看護師1人)

  • 毎年11月中旬(日)に開催されます。
  • 開始から終了まで救護係を担当します。

4. .地域交流会(看護師2人)

  • くみちゃんちフェスタ
  • 12月初旬2日間
  • 開始から終了まで健康チェックを担当している。

看護単位紹介

外来・中央材料室
  • 外来では、患者さまが安心して毎日受診できるように、診療部・医事課・医療相談室など、他部門と連携を図りながら看護をおこなっています。患者さまに、安全で心地よい受診をしていただくため、環境を整え、患者さまへのサービス向上に努めています。
  • 外来部門は、在宅医療の訪問診療・往診に医師と共に訪問して患者の状態を把握し訪問看護ステーションに情報提供を行って連携しています。また、夜間の入院や電話問い合わせに病棟看護師が対応できるように病棟の夜勤看護師に情報提供を行っています。
  • 患者さま・ご家族の方が、訪問診療・往診を希望されて在宅での生活を望まれ、最終的に在宅での看取りを希望されるときは可能な限り、患者さま・ご家族の方の意に沿っています。
  • 中央材料室では、蒸気滅菌器、ガス滅菌器を作動させて滅菌業務を担当しています。滅菌前の器具と滅菌済みの器具の管理を行っています。衛生材料を含めた物品と器具の定数管理の一環を担っています。
  • 退院後訪問指導を始めています。
2階病棟
  • 一般病棟・地域包括ケア病床であり、入退院が多くなっています。患者さまが、安心して安全な入院生活を送れるように診療部、医事課、医療相談室等、他部門と連携し、多種職とのカンファレンスを行い。できるだけ早い時期に在宅復帰できるように看護を提供しています。
  • 地域病診連携を取っていますので、医院・クリニック(病床を有していない)からの入院を受けています。患者さまの病状が快復したら紹介された医院・クリニックへと管理を依頼しています。一方、病状に変化なく入院継続、あるいは、悪化した場合は当院が引き継ぎ担当しています。
  • 日中・夜間の入院を受けています。また、夜間の緊急対応を担っています。
  • 退院後訪問指導を始めています。
3階病棟
  • 療養病棟(医療)での患者・御家族と話し合いを行い、在宅へ退院又は、福祉施設へ入所されています。
  • 高齢者が多く、以前と比較すると、医療を必要とする患者が増えてきています。転倒・転落等の防止対策を検討し、患者さまが安心・安全な入院生活が送れるように環境整備を行っています。また、毎日の生活が単調にならないように、学習療法、レクリエーション、院内デイを計画して患者と関わっています。
  • 患者さま・ご家族の希望を確認し看護実践に生かせるように努力しています。
  • 休日の日中の救急対応を担っています。
  • 退院後訪問指導を始めています。
ページのトップへ
Menu
  • トップページ
  • 病院紹介
  • 病院からのお知らせ
  • 看護部ご案内
  • 診療部ご案内
  • 健診のご案内
  • アクセス
  • 求人情報
  • お問い合せ
関連施設
青い鳥 訪問看護ステーション
青い鳥 居宅介護支援事業所
ホスピタリティハウス 青い鳥 看護小規模多機能型居宅介護事業所
社会福祉法人 晃樹会 らんざん苑
  • 学校法人 入間平成学園 入間看護専門学校
  • 社団法人 入間地区医師会立 入間准看護専門学校